ペニスを理想のサイズにまで大きくしたいからと自己流でチントレをしている人もいるかもしれませんが、もしかするとそれは全く効果がないものかもしれません。

ただ闇雲にトレーニングすれば良いというわけではなく、効率的にやらなければすべてが無駄になってしまうこともあり得るのです。

そこで、今回は効果的にチントレを行う方法をご紹介したいと思います!

効果的にチントレするなら増大器具を使うやり方がおすすめ

チントレと筋トレのやり方や考え方はよく似ています。
筋トレは正しいやり方で実践することで腰や関節を痛めることなく、効果的に筋肉量を増やしていけます。
間違ったやり方で筋トレを実践すると狙った部位の筋肉があまりつかず、別の部位が鍛えられていまったり、怪我をしてしまう恐れがあります。

チントレも同じで正しいやり方で実践し、適度な負荷をかけることで効果的にトレーニングができます。
やはり間違ったやり方でチントレを実践してしまうと、フグりを起こしてしまったり、うっ血してしまったり、排尿の時に痛みを伴うなど、効果があまりない上にただ痛いだけという悲惨な結果を招き兼ねません。

器具を使うやり方なら少ない労力で高い効果を得られる

筋トレはいつでも手軽にできるトレーニングで、自分の部屋でも腕立て、腹筋、背筋、スクワットで全身の筋肉を鍛えることができます。
トレーニングジムに設置してあるような筋トレ器具を利用するとさらに効果的に筋トレが実践できます。

狙った筋肉に負荷の強さを選んでピンポイントに鍛え上げる。
トレーニング器具ならではの強みですね。

チントレも牽引器具を使ったり、吸引器具を使うやり方なら、効率よくペニス増大を実践することができます。

器具を使わないチントレは時間、労力、根気が必要

ミルキングやジェルキングなどのハンドマッサージ系のチントレでも効果は現れますが、非常に長い時間をかけて欠かさずトレーニングをする必要があります。
筋トレのように鍛えれば、数日後に数値に現れるほど即効性のあるものではありません。
筋肉とペニスの軟組織では増大のメカニズムが全く異なるからです。

そのようなチントレのやり方では、数ミリの増大に1年以上の時間を要することなど当たり前で、もし仮にあなたが短小だったとして、平均サイズまでの増大を目指しているとしたら数年をかけて取り組む必要があります。

大抵の人はそれほど長い期間、効果が数値としてなかなか現れないことに労力をかけることはできません。
やってもやってもなかなか現れない効果に「やっぱり無理」だったと諦めてしまい、「自分には増大は無理だ」とネガティブ思考に陥ってしまいます。
その結果、ついつい増大サプリや陰茎増大手術に目移りしてしまいがちになります。

しかし筋トレと同じようにペニス増大器具を使うやり方なら、効果的にチントレを実践することができます。
増大器具はハンドマッサージでは絶対に不可能な負荷を安定してかけ続けることができるので、ハンドマッサージよりも短い時間で高い効果を得ることができます。

特にペニス牽引器具なら装着してあとは放置するだけ。
増大ポンプも使用中は両手が空くのでハンドマッサージほどの労力はありません。

チントレ効果を高めてくれる増大器具とは?

チントレ器具は大きく分けて牽引器具と吸引器具の2つがあります。
牽引器具は主にペニスの長さを伸ばしつつ、副次的に太さも増やしてくれる効果が期待でき、吸引器具は主にペニスの太さを増やしつつ長さも伸ばしてくれます。

しかし、中にはトップセールスの人気商品の模造品や安全性が低い粗悪品が多く流通しており、商品選びを誤るとデリケートなペニスを傷つけたり、変色してしまうなどのトラブルを起こす恐れがあります。

牽引器具でおすすめ商品は2つ

牽引器具でおすすめの商品は2つあります。
牽引器具を初めて使うならアンドロペニスシリーズがおすすめです。


アンドロペニスシリーズの詳細はこちら

アンドロペニスシリーズは効果、安全性ともに泌尿器科医や形成外科医もおすすめしているので安心です。

中級者、上級者ならメイルエッジシリーズがおすすめです。
アンドロペニスシリーズよりも牽引力が高いので牽引による負荷に慣れたペニスならより高い効果を期待できます。

メイルエッジシリーズの詳細はこちら

ペニス吸引器具ならハイドロマックスシリーズ一択

増大ポンプにも空気圧式(真空式)と水圧式の2つに分類できますが、空気圧式のデメリットをなくし、メリットをさらに伸ばしたものが水圧式なので、増大ポンプを選ぶ際には水圧式増大ポンプ一択となります。

水圧式増大ポンプといえばハイドロマックスシリーズ。

ハイドロマックスシリーズの詳細はこちら

聞いたこともないメーカーの空気圧式(真空式)増大ポンプはフグりやうっ血などの症状は避けられませんので、購入しないように気をつけましょう。

チントレの効果をさらに高めてくれるやり方とは?

チントレはハンドマッサージのやり方も増大器具を使ったやり方もペニスの軟組織に負荷を加えることによって、細胞の適応反応を促すことを狙いとしている点では共通しています。

細胞の活動や活性化は血流量によって左右されますので、血流量を高める生活習慣や生理反応を利用することで、チントレの効果をさらに高めてくれるでしょう。

また血流量が増えたり、血液がサラサラだと体の健康を保つことができるし、何よりペニスの勃起が力強くなる利点があります。
いくらペニスを増大させても、ペニスへの血流量が少ないために十分な勃起ができないようでは宝の持ち腐れです。

体を温めて血流量を増やす

入浴や運動後は体が温められることによって血流量が増加します。
入浴中のチントレは温浴効果により血流量が増え、チントレの効果を高めます。
そういう意味でも、バスメイトやハイドロマックスシリーズは入浴中の使用が前提となっているので、空気圧式(真空式)増大ポンプよりもおすすめです。

あるいは食品によって体の発汗作用を促したり、血行促進するやり方もあります。
有名どころですと唐辛子などに含まれるカプサイシンや生姜に含まれるジンゲロンによって発汗作用や血行促進することによって代謝機能を高められることが期待できます。

筋肉量を増やして血流量を増やす

筋肉は心臓のように血管のポンプの機能を果たしています。
筋肉量が多ければ血流を毛細血管の先まで送り出すことができます。
トップクラスのAV男優も筋肉質でマッチョな体型の人が多いのも、筋肉ポンプ作用による血流量増加で力強い勃起が実現するからに他なりません。

と言っても、全身ムキムキのゴリマッチョになる必要はありません。
筋肉量を増やす意味でも、下半身周りの血流量を増やす意味でもおすすめなのがスクワットです。

スクワットによって鍛えられる大腿四頭筋は人体の筋肉の中で最も大きく、筋トレによる筋肉量の増加がもっとも見込める部位です。
そして同時に下半身周りの筋肉による血流ポンプ作用が最も効果的に現れるので、血流量の増加による精力増強にはスクワットが一番効果的です。

酒・タバコをやめて血流量を増やす

もしあなたが喫煙者であったり、日常的に飲酒しているとしたらペニス増大の夢は限りなく実現不可能と言わざるを得ません。
酒やタバコは血管を収縮させ、血流量を少なくしてしまう作用があります。
血流量の減少は体のあらゆる機能が低下することを意味します。
もちろん細胞の活性化も例外ではありません。

日常的な喫煙や飲酒によってEDになることもあり、ペニス増大の対極的な行為が飲酒・喫煙と言えます。

やめるのは非常に大変ですが、ペニス増大に取り組む前に喫煙や過度な飲酒を控え、体のコンディションを整えることが大切です。

最後に

チントレは正しい方法で実践すれば効果を発揮しますが、やり方を間違えると全く意味のないものになってしまいます。

せっかく時間をかけてトレーニングしたのに、それが無駄になるなんて馬鹿らしいですよね。

1日でも早く理想の大きさにするためにも増大器具を使用して正しくチントレを行いましょう!