ズルムケライフを満喫するための仮性包茎の治し方

ペニスのサイズ以前に大きなペニスだったとしても、皮にかぶった包茎ペニスは見た目も悪いし、デメリットばかり。
治りそうで治せない仮性包茎を治すために本気で取り組んでみませんか?

大人の成熟したペニスであっても、仮性包茎は子供っぽく見えますし、常に生暖かく、ジメジメしている環境のせいで不衛生になりがちです。
1日洗わないだけで、尿が混じった皮脂が腐敗を始め、強烈な臭いを発します。

臭い=雑菌が繁殖しているということなので、それを入れらる女性にとっては包茎は最悪です。
女性から見た仮性包茎のイメージは「臭い」、「汚い」、「子供っぽい」という意見が多く、敬遠されがちです。

真性包茎、カントン包茎はメンズクリニックで手術が必要ですが、仮性包茎はセルフケアによって包茎から卒業できる可能性があるだけに、優先して取り組みたいボディケアの一つです。

仮性包茎にも状態の良し悪しがある

包茎には3つの種類があることはご存知ですよね?
ペニスが包皮に完全にかぶってしまい、指で皮をむいて亀頭を露出させることができない真性包茎。
包皮が亀頭に引っかかってしまい、亀頭を圧迫してしまっているカントン包茎。
そして、包皮が亀頭にかぶってしまっているものの、自分で包皮を剥いて亀頭を露出させることができる仮性包茎の3つです。

仮性包茎にも軽度から重度のレベルがあり、仮性包茎の状態によってその治し方が異なります。
重度の仮性包茎に軽度の仮性包茎の治し方を実践しても、ほとんど効果が現れないので、ここはしっかりと自分の包茎の状態をしっかり見極めましょう。

軽度の仮性包茎

軽度の仮性包茎は通常時に半分以上亀頭が露出している状態です。
勃起時にはカリに引っかかって包皮がむけなかったり、勃起時には完全に包皮がむけることもあります。

皮のあまりもさほどなく、包皮を手でむいても皮が少し余っている程度なので、仮性包茎の治し方を実践すれば、仮性包茎を改善できる可能性が高い状態です。

重度の仮性包茎

重度の仮性包茎は自分で包皮をむけるものの、皮が余りすぎてしまっていて、普段はもちろん勃起時も亀頭が露出されない状態です。

亀頭の先に余った包皮がシワシワになっているので、一度皮をむいて亀頭を露出させても、手を離すとまた包皮が亀頭にかぶさってしまいます。

重度の仮性包茎でもセックスは可能ですが、コンドームが装着しにくかったり、膣へ挿入してピストン運動をしているうちに、コンドームが外れてしまうなど、スムーズなセックスの障害になってしまうことがあります。

重度の仮性包茎の治し方は仮性包茎を治すためのグッズに頼るよりも、ペニス増大に取り組むかメンズクリニックで治してしまうのが一番の方法です。

包茎を治すポイントは亀頭を露出させるクセをつけること

軽度の仮性包茎の治し方のポイントは、常に亀頭を露出させて、亀頭を乾燥させることで包皮の戻りを防ぎます。
亀頭を乾燥させたり、常に露出させることで、亀頭の皮が鍛えられ、早老改善にもつながります。雑菌も繁殖しにくくなるので、チンカスを目にすることもほとんどなくなるでしょう。

かといって、包皮をむいて亀頭を露出させても、立ったり座ったり、歩いたりするうちに包皮が元に戻ってしまうことがあります。
仮性包茎あるあるで、むいた包皮が戻るときに陰毛を巻き込んで、隠毛が引っ張られてしまい痛みを感じてしまうこともありますよね。

こうしたことを防ぐために、軽度の仮性包茎のために開発された商品や治し方を紹介しますので、自分に合った方法で仮性包茎の治し方を実践しましょう。

矯正リングタイプを使った仮性包茎の治し方

包皮をむいて亀頭を露出させて、カリ首のところに装着する矯正リングタイプは手軽に使えるし、手入れも簡単、セックスの前にこっそり取り外しもできて、価格もリーズナブル。
オススメの治し方の一つです。

有名な商品として「カリバウアー」や「マイラップ」が挙げられます。
リングによって包皮の戻りを防ぎ、常に亀頭を露出させて、亀頭の皮膚を鍛えます。
それと同時に包皮が元に戻らないクセをつけることで、リングを外しても包皮が元に戻らないズルムケ状態にすることが狙いです。

軽度の仮性包茎でも、包皮があまりすぎていると効果が薄いので、注意が必要です。
また、ペニスのサイズと合っていないと、すぐに外れてしまったり、逆に締め付けがきつくてペニスにダメージを与えてしまったりすることもあるので、サイズに合った物を選ぶのが一番重要です。

テープによる仮性包茎の治し方

テープタイプの包茎の治し方は包皮をむいて、カリ首の下に医療用テープを巻いて、包皮の戻りを防ぐというものです。

効果は包茎矯正リングタイプとほとんど同じですが、包茎矯正リングに比べて、巻きつけのキツさを自分で調整できるし、包茎矯正リングの脱落がないので紛失しない点では、包茎矯正リングのデメリットを補ったタイプです。
どちらの方形の治し方が良いかと言えばテープがおすすめです。

ただし、消耗品になるので、いずれなくなってしまうこと、テープを貼り付けたままにしていると雑菌の繁殖の温床になってしまうので、毎日欠かさず取り替えることが重要です。

もっともリーズナブルな方法は絆創膏を貼ってしまうこと。
絆創膏は皮膚呼吸を邪魔せず、皮膚のかぶれなどの心配もほとんどないので、ペニスに対しても安心して使えますし、ドラッグストアでもコンビニでも購入できるので、常に絆創膏を巻いておくことができる環境が整っていると言えるでしょう。

絆創膏の接着力はそこそこ強いので、亀頭に貼り付けないように注意しましょう。
剥がすときに亀頭の薄皮まで剥がれてしまい、出血することがあります。

メンズクリニックで包茎手術が確実な治し方

包茎矯正器具での治し方でも包茎が治らない、または余った皮が多すぎて包茎矯正器具でも手に負えないとなると、残された包茎を治す方法は一つしかありません。

包茎手術です。
現在の包茎手術は手術痕がほとんどわからず、こちらから言わないと気がつかれないほど手術の精度が上がっています。

ところが、泌尿器科の包茎手術は医療行為としての手術のため、手術痕が残ってしまうことがありますので、包茎手術は包茎専門の美容外科クリニックで執刀してもらうことを強くお勧めします。

また、体にメスを入れるので、激安・格安のクリニックは絶対にやめましょう。
術後のトラブルが後を絶たず、結局他院での修正手術で通常の包茎手術費用の2倍以上の出費になってしまうこともあります。

包茎手術は絶対にケチってはいけません。
それからカウンセリングは絶対に受けて、自分の気になる疑問は全て納得のいくまで聞くことが重要です。
むしろ「この患者はかなり細かいことにうるさいな」と思わせるくらいがちょうど良いです。

それによって認識の相違がなくなりトラブルが起きにくくなる他、「面倒な患者」くらいの印象を与えられれば、トラブルを避けたいクリニック側はクレームが起きないように特に慎重に執刀してくれます。

最後に

仮性包茎は女性との性行為を妨げてしまう原因になります。

仮性包茎は治すことも十分に可能なので、まずは自分の仮性包茎の重症度を確認して、最も最適な治療法を実践しましょう!