ヒトの体は20代をピークに、その後は日々老化が始まっていくといわれています。

分かりやすいのは、シワが増えてきたり、肌のハリがなくなってきたりというところでしょうか?

こういった老化は目に見えて分かるのですが、そこで気になるのがペニスの老化。

ペニスは一体どのように老化するのでしょうか?そもそもペニスは老化するものなのでしょうか?

今回は、ペニスの老化と老化を防ぐ方法についてご紹介したいと思います。

性欲減退、勃起不全はペニスの老化が原因?

歳のせいか、最近どうも性欲がわかない。
街を歩いては女のお尻を見たり、大きなオッパイをみると嬉しくなるのに、風俗に行くと勃ちがイマイチ。
ギンギンで勃起したはずなのに、挿入して腰を振っている間にフニャチンになってしまう。

こうした性機能の衰えは、年齢を重ねるごとに現れやすい症状であることは間違いありません。
性欲減退には明確な理由があります。

それは加齢とともに分泌が減少してしまう男性ホルモンの量が少ないから。
男性ホルモンが少なくなると性欲が湧かなくなってしまったり、ペニスの勃起とも関係があるので、勃ちの悪さにも影響してきます。

老化によってペニスの勃起力が弱まってしまうのは、血流量と筋肉の減少が理由として挙げられます。
歳をとると運動をしなくなってしまったり、食生活の乱れから高カロリー、高タンパクな食事をとってしまいがちになります。
その結果、血液がドロドロになって血流量が減少したり、血管の老化によって血管のしなやかさが失われ、やはり血流量が落ちてしまいます。

血流量が落ちてしまうことによって勃起時にペニスに流れ込むべき血液の量が不足してしまい、陰茎海綿体に十分な血液が満たされなくなってしまい、ペニスの硬さが維持できなくなってしまうのです。

ペニス自体は老化しない

逆にいえば性欲減退や廊下によるペニスの機能低下は血流、筋肉、男性ホルモンの分泌量が主な原因であって、ペニスそのものの老化ではないと言い換えることができます。

体の衰えを完全に止めることはできません。
ですが、体の衰えるスピードを遅くすることは十分に可能です。
肌や体の中からキレイにするアンチエイジングもその一つですが、性欲減退や老化によるペニスの機能低下はどれも取り組みやすく、むしろ若い頃の活力を取り戻すことができるほどです。

就活、婚活、夜活などの言葉が頻繁に使われていますが、性生活において自信と男らしさを取り戻す性活を始めてみませんか?

老化によるペニスの機能低下を防ぐ3つのポイント

還暦を超えた売れっ子AV男優がいるほどペニスの機能は維持、向上を図ることができます。
ですが歳を重ねて体が老化してもペニスは元気な人には共通点があります。

・ 酒・タバコはしない
・ 適度な運動と規則正しい生活をしている
・ バランスのとれた食事をとっている

いわゆる健康に良い生活を実践している人ほど老化によるペニスの機能低下が起こりにくいと言えます。
こうした生活を送っている人はペニス以前に、老化による体の機能的な低下も緩やかですし、現役でセックスを楽しむこともできるわけです。

この3つのポイントが性欲減退と老化によるペニスの機能低下を防いでいます。
詳しく見てみましょう。

酒・タバコは勃起力の低下に直結!

過度な飲酒やタバコは勃起した時のペニスの硬さや、勃起した状態を維持する持続力の低下に直結します。
酒・タバコをやめるだけでも、驚くほどのペニスの回復力を実感することができるようになりますので、難しいチャレンジではありますが、これはぜひ体感して欲しいですし、健康のために無理のない範囲から取り組んで欲しいポイントです。

まず、お酒のアルコールは脳の神経伝達機能を弱めてしまい、血中のアルコール濃度が高まるとペニスの勃起に関係する血中の酵素の量も減少してしまいます。
お酒を飲むと性欲が高まる人もいますが、勃ちにくくなっては本末転倒。
少量のお酒であれば、さほど問題ありませんが、日常的にお酒を飲む人は性機能のみならず、内臓機能全般が低下してしまうので、少しずつ量を減らすなりしてお酒を卒業できるように取り組みましょう。

そしてタバコはお酒よりもさらにペニスの機能を低下させてしまいます。
喫煙をすると身体中の血管が収縮してしまい、その影響は直径が小さい毛細血管ほど顕著に変化が現れます。
ペニスの陰茎海綿体は毛細血管の集合体のような組織ですので、喫煙による勃起力の低下はかなり大きく差として現れます。

喫煙者は日常的な喫煙をすぐにやめることは難しいかもしれませんが、せめてセックスする日やセックスする数時間前は禁煙しておきたいもの。
もちろん完全に禁煙すれば老化によるペニスの機能低下にも歯止めが効くし、ペニスの若返りも期待できるので、この機会に禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

適度な運動と規則正しい生活は若さ維持の基本中の基本

現代人にとって適度な運動と規則正しい生活は、わかっているけど難しいものです。
とは言っても日常の中には必ず運動するチャンスが隠れていることが多いので、ぜひ習慣化して適度な運動による体力向上と筋力低下を防ぎましょう。

例えば地下鉄のある都会などなら1駅分歩く。
2アップ3ダウン運動、つまり2フロア分を階段で上がって、3フロア分を階段で下がるように意識を持って実行するだけでも、全く違います。
歩くスピードを早く、大股で腕を振って歩くことで有酸素運動に近い運動になります。

他にも、立ち仕事なら背筋を伸ばしたまま屈伸運動を時々行うことで、軽いスクワットトレーニングにもなります。
デスクワークなら座った状態でお尻を少し持ち上げて、空気椅子による下半身の筋肉トレーニングにもなります。

スクワットも空気椅子も下半身の筋肉が鍛えられますが、下半身の筋肉を鍛えることで筋肉による血流ポンプ機能が高まり、勃起力の向上にも効果があります。

規則正しい生活も起きる時間、寝る時間、食事の時間をきちんと守ることによって体のリズムが定まると男性ホルモンの分泌が正常化し、やっぱりこれも老化によるペニスの機能低下を防ぐことができます。

バランスのとれた食事で精力を高める

成人男性はついつい高カロリー&高タンパクな食事をとってしまいがちですが、糖質オフ、カロリーオフの食生活を意識するだけで、全く変わります。
高カロリー&高タンパクな食事ばかりを続けると肥満や生活習慣病の大きな原因となってしまい、結果的に血中コレステロール値が高くなってしまい、血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになってしまうと、毛細血管に流れ込む血流量が減ってしまい、やはり勃起力が低下してしまう原因になります。

健康的な食事を意識するプラスアルファとして精力増進効果、滋養競争効果食事を取り入れることで、精が付いて性欲の向上や体力の向上、精子量の向上による快感増大などの効果が期待できます。

精がつく食事とはよく知られている通り、すっぽん、ニンニク、高麗人参、他には牡蠣、豚肉や豚ゼラチンなどを積極的に摂取していきましょう。
とは言っても、精のつく食事はなかなか日常的に摂取することが難しい食材ばかりなので、精力増進に効果があるとされるサプリメントで賢く補うのが理想的です。

最後に

ペニスの老化はちょっとした生活習慣の改善で防ぐことが可能です。

ペニスの老化予防は健康に良いことでもあるので、是非取り入れてみてください。

もちろん、普段から増大器具等でペニスを鍛えておくことでも老化を防ぐことが出来るかもしれませんよ。