チントレは増大器具を使用することで大幅に効果をアップさせることが出来ます。特にペニスを長くしたい場合はペニスを引っ張る増大器具が欠かせません。

そこで、今回はペニスを引っ張る増大器具について紹介していきたいと思います。

ペニスを引っ張るのがチントレの基本

様々なチントレを見てみると共通の動作があることに気づきます。
それはペニスを引っ張ること。
ペニスを引っ張ることでペニスの軟組織、白膜や陰茎海綿体が負荷によって適応反応を起こします。
適応反応とは外部からの刺激に合わせて、体がそれに適応しようとする働きで、ペニスを引っ張ることによって起きる適応反応とは、ペニス増大をさします。

ペニスを引っ張ることによってペニスが増大することは、世界中の研究機関による臨床研究によって証明されており、著名な泌尿器科医たちがペニス牽引器具を勧めていることから、その信頼性の高さがうかがえます。

ペニスの引っ張りトレーニングの代表格ジェルキング

ペニスを引っ張るという行為は古くから世界各地の男性が行ってきたチントレであり、それは現代でも変わりません。
ペニスを引っ張るチントレとして代表的なのがジェルキングです。

ジェルキングのやり方は、ペニスの根元を握って、亀頭に向かって押し出すように引っ張る動作を繰り返します。
ペニスがやや勃起している状態でジェルキングをするのが理想的だと言われています。
具体的には6〜7割くらいの勃起状態でジェルキングを行うのですが、完全に勃起してしまってはジェルク運動の効果が薄れてしまいます。

なかなか6〜7割の勃起状態を維持するのが難しく、これがうまくできずにチントレを辞めてしまう方も多いのではないでしょうか。

増大ポンプもペニスを全方位に引っ張る効果がある

増大ポンプで効果があると評判のバスメイト社の水圧式ペニス増大ポンプ「ハイドロマックスシリーズ」やアンドロメディカル社の空気圧式ペニス増大ポンプ「アンドロバキューム」は、ポンプ内の圧力を減圧することによってペニスを膨張させ、ペニス増大を図ります。

増大ポンプによるペニスの膨張とは言い換えれば、全方位にペニスが引っ張られていることを意味しているので、改めてペニス増大のポイントは引っ張ることであると言えます。

増大ポンプはペニス増大に効果がありますが、どちらかというと太さを求める男性におすすめです。
増大ポンプによってペニスの長さも増える場合が多いのですが、太さをメインに大きくしたい男性に向いています。

ペニスを引っ張る器具はペニスの長さを伸ばしたい人にオススメ

一方でペニスの長さを伸ばしたい人にはペニス牽引器具がオススメです。
ペニスサイズを増やしたい人のほとんどは太さよりも長さを求めているのではないでしょうか。
太さアップよりも長さアップの方が見た目でも大きくなったのがわかりますし、男性の自信に繋がるでしょう。

筋トレでも腹筋専用の器具としてシットアップベンチがあったり、腕の筋肉を鍛えるためにバーベルや鉄アレイなどがあるように、ペニスを引っ張るというチントレにもその効果を最大限に高めてくれる器具があります。

それこそがペニス牽引器具です。
そのまんまの名前ですが、ペニス牽引器具の使用こそがペニス増大のもっとも確実でコストパフォーマンスにも優れた現実的な方法と言えます。

ペニスをいかに長く、過度な負担にならない程度にひっぱり続けられるかがペニス増大のポイントです。
ジェルキングやパワージェイジムのようなチントレもペニス増大に有効な手段ではありますが、ペニス牽引器具に比べて、ペニスを引っ張ることで起きるペニスの適応反応も弱く、ペニス増大の最適な方法だとは言えません。

ペニスを引っ張るトレーニングにおいて、ペニス牽引器具は必須アイテムです。
やはり常時牽引することでペニスの適応反応を活発にする一方で、ジェルキングなどのチントレとは違って両手が空くし、増大器具を取り付けながら下着を履いて日中は学校や仕事に行くことができます。

長茎手術は即効性があるものの、コストとリスクが大きい

ペニスを長くする方法の一つにメンズクリニックや美容整形外科などで長茎手術を受けるという方法があります。

長茎手術の最大の利点は100%サイズアップする確実性、その日のうちにサイズアップする即効性が挙げられます。

長茎手術のコストは十数万〜数十万

その反面、コストはペニス増大の数ある方法の中でも、もっとも高く安くて十数万、高いものだと80万円以上します。
もちろんこれは現状のペニスサイズがどのくらいで、どのくらいまでペニスを大きくしたいかによるので一概には言えませんが、平均して数十万円の出費は覚悟しなければなりません。

靭帯剥離法によってペニスの角度が失われる可能性がある

長茎手術の中にも様々な方法がありますが、中でももっとも一般的な方法が靭帯剥離法といって、ペニスの根元と恥骨とでつながっている靭帯を一部切り離したり、引き伸ばしたりすることで体内に埋没しているペニスを引っ張り出すというものです。

恥骨とペニスの根元をつなぐ靭帯はペニスを支える役割を担っています。
この靭帯を切除したり、引き伸ばしてしまうと勃起時に十分な支えを得られなくなります。
そうすると、勃起しているにも関わらず十分な角度まで勃起しなくなってしまう場合があります。

ペニスの硬さや角度も女性とのセックスにおいて、女性の膣内の性感帯を刺激するための重要な要素ですので、手術を受けたのに女性を悦ばせることができなくなってしまったという、本末転倒な結果を招きかねません。

長茎手術では勃起時のサイズアップはあまりできない

さらにショッキングな事実として、長茎手術は通常時のペニスの長さを増やすのがメインで、勃起時にも著しくペニスサイズが伸びるわけではありません。
勃起すると恥骨の下あたりに埋まっていたペニスが引き出されていたものを、通常時も引き出したままにするのが長茎手術です。

長茎手術を受けた結果、通常時のペニスが5cm伸びた!とは言っても勃起時のペニスも5cm伸びるわけではありません。
靭帯を引き伸ばしたり、切除したことによる効果で勃起時のペニスも伸びる事が考えられるものの、伸びても1cm前後と高い費用の割には随分寂しい結果である事がほとんどです。

数十万の費用をかけて長茎手術を受けた結果、勃起時のペニスサイズはあまり増大しないのに、勃起時のペニスの角度が失われてしまった。
切除したり、引き伸ばした靭帯は二度と元には戻りません。

ペニスの長さを増やしたいなら増大器具が必須

長茎手術の現実を前に増大手術がペニス増大において最適な方法だと言えるでしょうか。
それよりも時間はかかりますが、ペニスを引っ張るトレーニングや牽引器具によって自然にペニスを増大させた方がコスト面で優れており、男性機能維持・向上を図れます。

ペニス増大サプリなどの不確定要素ばかりの方法よりも、陰茎増大手術のようにメリットとデメリットが釣り合っていない方法よりも、ペニスを引っ張る事でペニスを増大させる増大器具の使用の方がもっとも適切かつ確実な方法です。