「ペニスが他の人と比べて小さい」、「ペニスサイズがコンプレックスで女性に積極的になれない」等、俗に”短小”と呼ばれているペニスサイズへのコンプレックスを抱えている男性は意外と多いのです。

特に日本人のサイズは他の国の男性と比べると小さい傾向があり、非常にたくさんの男性が短小で悩んでいるのが現状ですが、ペニスサイズの悩みなんて恥ずかしくて他の人に相談することも出来ないですよね。

そこで今回は、そんな悩める短小ペニスの男性に役立つ非常に効果的なおすすめの増大法についてご紹介したいと思います。

短小でお悩みならまずはペニス牽引から始めましょう

短小なペニスとはどれほどの大きさのことを指すのかは何を基準にするかによって変わってきますが、10cm以下のペニスは広義において短小と言われる事が多いようです。

そんな短小のペニスを治したいなら、やっぱり増大手術しかないのでしょうか。
ちなみに勃起時の長さが5cm未満のペニスはマイクロペニスと呼ばれ、正常な生殖機能を有していないとして健康保険が適用される可能性が高くなっています。

つまり極度の短小は手術による改善を国が許可しているという事です。
マイクロペニスはいささか稀有な例ですが、10cm以下のペニスの男性は全く珍しくなく、本人にとっては深刻極まりない問題です。

そんな短小を治したいという深刻な悩みを解決する手段をインターネットで検索すると、ペニス増大サプリに関するサイトで溢れています。
ペニス増大サプリによるペニス増大、これは論外です。
検討の価値もないので候補から除外してください。

サプリメントを服用して特定の体の部位が大きくなる事が現実にあるなら、鼻が高くなるサプリ、足が長くなるサプリ、バストが大きくなるサプリが実現することになります。
これらが実現したら世紀の大発明になることは間違いないでしょう。
しかし、残念ながらそんなサプリは世界のどこにもありません。

本気で短小ペニスを治したいのなら、次の3つの方法をおすすめします。
① ペニス牽引器具による増大
② ペニス増大ポンプによる増大
③ ペニス増大手術

この3つの方法はおすすめする順番となっています。
つまり、3つの方法の中で一番のおすすめはペニス牽引器具です。

短小ペニスから自慢のペニスへ増大させる最適な増大ステップ

ペニス牽引器具もペニス増大ポンプもペニスのサイズによって最適なタイミングというものがあります。
勃起時のペニスサイズごとに最適なペニス増大方法をまとめましたので、ご自身のペニス増大プランの参考としてお役立てください。

サイズ別おすすめ増大器具
勃起時のペニスサイズ ペニス牽引器具 ペニス増大ポンプ
〜8cm • アンドロペニス・ミニ
• メイルエッジシリーズ
8cm〜12.5cm • アンドロペニス・ゴールド
• アンドロ・エクステンダー
• メイルエッジシリーズ
•ハイドロマックスX20
12.5cm〜15cm  • アンドロペニス・ゴールド
• アンドロ・エクステンダー
• メイルエッジシリーズ
• ハイドロマックスX30
• バスメイト
15cm〜18cm • アンドロペニス・ゴールド
• アンドロ・エクステンダー
• メイルエッジシリーズ
• ハイドロマックスX30
• バスメイト
18cm〜20cm • アンドロペニス・ゴールド
• アンドロ・エクステンダー
• メイルエッジシリーズ
•ハイドロマックスX40
20cm〜25cm •メイルエッジシリーズ • ゴライアス

 

>>>増大器具はこちらから購入出来ます<<<

マイクロペニスはまずアンドロペニス・ミニで改善を

勃起時のペニスサイズが8cm以下のマイクロペニスの場合は、アンドロペニス・ミニを使って勃起時のサイズが8cm以上になるまで使い続けましょう。

メイルエッジシリーズ(PRO、EXTRA、BASIC)は4cmから使用できますが、牽引力の最低値が1200gとマイクロペニスに対しては強すぎるので、初心者向けのアンドロペニス・ミニから始めた方が無難です。

8cm以上はメイルエッジかハイドロマックスX20シリーズがおすすめ

勃起時のペニスサイズが8cm台になると、適合するペニス増大器具のレパートリーが増えます。

現在、ペニスサイズが8cmからペニス増大を始めるならアンドロ・エクステンダーがおすすめです。
アンドロ・エクステンダーはペニス牽引器具の中でも価格が安く、1万5千円前後で購入できます。
同じペニス牽引器具のメイルエッジも8cm以上のペニスサイズに対して適合していますが、やはり牽引力が強めなので、無理なく短小を治したいならアンドロ・エクステンダーでペニス牽引器具による負荷に慣れさせる事が先決です。

アンドロペニス・ミニを使ってマイクロペニスを卒業したユーザーなら、メイルエッジに変えてもシームレスに負荷を切り替える事が出来ると思います。

また、平均サイズを目指しつつ太さも増やしたいのなら、水圧式ペニス吸引ポンプのハイドロマックスX20がおすすめです。
ハイドロマックスX20は12.5cm以下のペニスに適合したペニス吸引ポンプで、ペニスの太さと長さの増大を両立させた優れものです。
初めてペニス増大器具を使用するユーザーにとっても安全で使いやすいのでおすすめです。

12.5cm以上はほとんどの増大器具が適合します

マイクロペニスの状態から12.5cmまで増大するのに、おそらく一年近く、またはそれ以上の時間が必要でしょう。
ですが、上記に紹介したペニス増大器具を使用すれば短小を治すことは可能です。

12.5cmまで増大できれば、ほとんど平均サイズですので、サイズに適合したペニス増大器具を使用して、さらに自信がつくサイズまで頑張りましょう!!

ペニス増大手術はいかなる場合も最後の手段

一方で、短小ペニスを治したい方にとってペニス増大手術も候補に挙げられます。
しかし、ペニス増大手術は高額な費用の割に得られる効果が釣り合っていないように思います。
メリットとデメリットを比べると、どうしてもデメリットの方が大きくなってしまうのではないでしょうか。

他の方法を検討もせずに最初からペニス増大手術に踏み切ってしまうのは危険です。

確かにペニス増大手術は他の方法に比べて断トツの即効性があり、確実な結果が得られます。
マイクロペニスの中でも陰茎が体に埋没してしまい、亀頭のみが露出しているような重度のマイクロペニスの場合はペニス増大器具の使用ができません。
そうした場合に限ってはペニス増大手術は有効な手段だと言えますが、増大器具に適合したペニスサイズだった場合は、まず増大器具を試みてからでも遅くはありません。

ペニス増大手術はこれまでの勃起力や本来持っている勃起の力強さが失われてしまう可能性があったり、さらなる増大を目指そうにも増大手術の既往があるために増大器具が使用できないペニスになってしまったり、手術痕が残ってしまったり、最悪の場合は手術に失敗してしまうケースも0ではありません。

手術失敗によりペニスが壊死してしまったり、変形してしまう事例は毎年のように報告されています。
メンズクリニックの料金表にも「他院失敗手術による修正術」という項目があるくらいですので、そうしたリスクも覚悟の上でペニス増大手術を決断するべきでしょう。

ペニス増大器具は医師が推薦する増大手段

ペニス増大手術は医師によって施術されますが、その一方でアンドロペニスシリーズ、メイルエッジなどのペニス牽引器具もまた医師が推薦しています。

海外ではマイクロペニスやペイロニー(ペニスが性交渉に支障をきたすほど湾曲している状態)の矯正器具として上記のペニス牽引器具を勧めており、その効果は著名な形成外科医、泌尿器科医も認めています。

短小を治したい方は、まず自分のペニスサイズにあったペニス増大器具を使用して経過を見つつ、全く効果が現れなければ返金保証を受けてから、ペニス増大手術を検討することをお勧めします。

最後に

今回は、短小の治し方について具体的に解説しました。

まずは自分のペニスの大きさを把握して、どの器具が最も適しているのかを確認してみてください。

もちろん、短小レベルでなくても今よりもっと大きくしたいという方にも役立つと思います。

“脱短小”目指して頑張りましょう!