増大サプリはもちろん、痩せるサプリや太るサプリ、筋トレサプリ、日焼け止めが出来るサプリ等、今や様々なジャンルのサプリが販売されており、サプリ業界の市場は年々大きくなっています。

何故サプリがこんなに売れるのかというと、その答えはひとつで”楽して悩みを解決することが出来る“からに他なりません。

人間誰もが楽をしたいと思っており、サプリは飲むだけで効果を得ることが出来るのでいつの時代も人気があるのです。

しかし、本当にサプリメントで体に変化をきたすほどの影響を与えることが出来るのでしょうか?サプリを飲むだけでペニスのサイズが本当に大きくなるのでしょうか?

今回は、サプリで何故ペニスが大きくならないのかについて経験談を交えてご紹介したいと思います。

これから増大サプリを購入しようと思っている方やいくらサプリを飲んでも大きくならなくて悩んでいる方は是非この記事を読んでください。

増大サプリを飲みつつ増大ポンプを使用するのがおすすめ

結論から言えば、増大サプリだけではペニスのサイズアップはほぼ不可能です。
一方で増大ポンプを使用することでほとんどの方にペニス増大効果は期待できます

しかし増大サプリが全く意味がないかというと、そんなことはありません。
増大ポンプを使用しつつ、ペニスのサイズアップに必要な栄養面のサポートをするのが増大サプリの本分です。

おすすめの方法として、増大ポンプや牽引器具などを使ったチントレと増大サプリを組み合わせることで、効率よくペニスのサイズアップが図れる可能性が高まります。

ペニス増大サプリだけだと精力UP!増大は効果ほぼ無し

実際にペニス増大サプリは4種類くらい試してみました。
もちろん、市販のものではなく精力剤やペニス増大サプリが紹介されている比較サイト、ランキングサイトを参考にして購入したものです。

1種類につき3ヶ月続けて様子を見て、ダメなら次のサプリといった具合に色々試していたら4種類のペニス増大サプリを試すことになってしまい、1年が経ってしまいました。

その結果、ペニス増大サプリによってペニス増大はほとんどしませんでした
今思えば、医薬品でも何でもない、副作用すらないサプリを飲んでペニスを増大させようと言うのが無謀な挑戦だったと反省。
もし実際に効果があったらバカ売れしているでしょうし、大手製薬会社が放っておかないですよね。
しかし、ペニス増大サプリを飲んでペニス は増大しない代わりに精力はつきました!

まず精子の量が増えたので、射精の瞬間の快感が増しました。
そして、勃起も力強くペニスがパンパンに張って、勃起力も向上したと思います。
さらに、射精前に中折れしてしまっていたのが、きちんと射精するまで勃起状態が維持されて失いかけていた自信を取り戻しました。

一番驚いたのが、射精したのに勃起がおさまらず、そのまま2回戦できた時は、飲んでいるのはペニス増大サプリですが精力剤としての効果を一番実感できた瞬間です。

精力アップは嘘じゃないと思いますので、精力増強ならペニス増大サプリはおすすめです。

そもそもサプリは栄養補助食品に過ぎない

ペニス増大サプリに関する情報を扱ったサイトを見てみると、ペニス増大サプリの実際に飲んで○cm増大した!
驚異の20cm超え!
男性の自信を増大!
セフレが3人できました!
こんな感じの喜びの声やキャッチコピーが華々しくサイトを飾っています。

これらの文言の99%は嘘だと思ったほうが良いでしょう。
ペニス増大サプリを飲んでいるだけではペニスは決して大きくなりません。
これは間違いありません。

なぜならサプリメントとは普段の生活では足りない栄養素を補う目的で摂取する、栄養補助食品だからです。
不足した栄養素を補給して、体の一部が大きくなったりするとなると、薬学的にはそれは副作用です。

例えば、成熟した大人がカルシウムやビタミンDを多く摂取していれば身長は伸びるでしょうか。
プロテインだけ飲んでいる人が筋肉ムキムキになるでしょうか。
どちらも答えはNOです。

ペニス増大サプリはサプリメントである以上、ただ摂取するだけでは何の意味もないのです。

ペニス増大サプリの成分にはペニスに直接作用する成分は含まれていない

ペニス増大サプリにはいかにも精力がつきそうな成分が多く含まれています。
成分表を見ても、スッポン・サソリ・マムシ・高麗人参・マカ・ガラナ・トナカイの角・豚睾丸末・トンカットアリ・クラチャイダム・亜鉛酵母などなど。

これら強壮効果があり、精力増進に効くとされる成分に多く含まれているのがアルギニンという必須アミノ酸です。
そして、このアルギニンと同じような働きをし、アルギニンと一緒に摂取することで相乗効果を高めてくれると期待されているのがシトルリンです。

ペニス増大サプリはアルギニンとシトルリンを多く含むものが優れているという風潮があり、販売メーカーもアルギニンやシトルリンの含有量をアピールしています。

ところがアルギニンやシトルリンの主な作用は血管を拡張し、血流を改善するというものであって、ペニスを増大させるために細胞分裂を活発化させるなどの効能はありません

ペニス増大サプリの増大プロセスは論理破綻している

ペニス増大サプリの論法としては、アルギニンやシトルリンなどの有効成分によって体の血流量が増加することで、ペニスへの血流量も増加し力強い勃起が促される。
力強い勃起を繰り返すことでペニスの成長が期待できる、というものです。

それらしく聞こえますが、ペニスが増大するプロセスの説明としては不十分どころか、真髄にも触れていません。

ペニス増大サプリの有効成分によって体の血流量が増加したところで、陰茎海綿体の体積が増えない限り、ペニスの増大はあり得ません
ペニス増大サプリの摂取によって力強い勃起をするペニスにはなるかもしれません。

私が1年間ペニス増大サプリを続けて得られた結果も、まさに前述の通り「サイズアップは全くありませんでしたが、精力増強はした。」でした。

増大ポンプと組み合わせるとペニス増大サプリが活きてくる可能性あり

ペニス増大サプリの摂取だけではペニス増大は夢のまた夢です。
しかし、増大ポンプを使ったチントレなどのペニスに対する負荷を日常的にかけている中で、ペニス増大サプリを摂取することで、増大ポンプの効果を高めてくれる可能性はあります。

増大ポンプはペニスに対して外的負荷をかけることで陰茎海綿体を刺激、その刺激によって細胞分裂が促され陰茎海綿体の体積を増やすことができると考えられています。
また、増大ポンプを使うことでペニスを膨張させると、ペニスの白膜も伸びた状態になり、柔軟性が高まり、勃起時のペニスサイズをさらに大きくしてくれることが期待できます。

ペニス増大サプリを摂取することで血流量の増加の他に、男性ホルモンの分泌が促されるなどすると、増大ポンプなどのチントレによるペニスの細胞組織の変化や細胞分裂の手助けをしてくれる可能性があります。
筋トレでも、単純に筋トレだけするよりも良質なタンパク質であるプロテインを飲んで筋トレする方がより筋肉量を増やすことができるようになります。
この場合、タンパク質は筋肉を作る成分になるので、直接的に作用すると考えられます。

一方でペニス増大サプリの場合はプロテインのように直接作用するのではなく、ペニス増大をするための体のコンディションを整える、まさに滋養強壮の効果があると理解しやすいかもしれません。

いずれにせよ、ペニス増大サプリだけ飲んでペニスは増大しません。
増大ポンプなどのペニス増大器具を使いながら、栄養面でのサポートしてペニス増大サプリを服用するのが一番おすすめな増大方法です。

まとめ

サプリメントはあくまでも栄養補助食品であり、普段の食事から摂れていない不足した栄養素を摂取するためにはおすすめですが、体質を変えるような作用までは期待することは出来ません。

もちろん、ペニスのサイズを大きくすることも出来ないのです。

ただし、ペニスを元気にする作用は確かにあるので、増大ポンプで大きくなったペニスを増大サプリで精力アップさせるという使い方は出来ます。

大きくするなら増大器具、精力を上げたいなら増大サプリと使い分けるようにするのがおすすめです!