「とにかくペニスを大きくしたい」と増大トレーニングに励んでいる男性も多いと思いますが、ペニスはただ長くて太ければ良いというわけでもありません。

性的な意味でも、生物学的な意味でもペニスで最も重要なのが亀頭の大きさなのです。

そこで、今回は亀頭の大きさが何故重要なのかや亀頭だけを大きくする方法についてご紹介していきたいと思います。

ペニスサイズよりも亀頭の大きさが最も重要なワケ

男性は男性のシンボルであるペニスのサイズに強いこだわりをもつものです。
それだけに短小ペニスは自信そのものをなくしてしまったり、EDになってしまったりすると男性機能の弱さから、男の価値が下がったかのように感じてしまいます

ペニスサイズが平均サイズであっても、より大きいペニスを手に入れたいと思うのが男心ですが、ちょっと待ってください!
そのペニスは本来何のためにありますか?

オナニーをするためでも、銭湯や温泉で見せびらかすためのものでもありません。
ペニスはセックスしてなんぼの「女性を快感に導くためのもの」と言えませんか?
ペニスは女性の膣に入れるためにあります。
女性が喜ぶペニスでなければ本当の意味で男性機能が高いとは言えないのです。

更に言えば、女性はペニスサイズに強いこだわりはありません。
短小ペニスは敬遠されてしまいますが、すくなくとも平均的なペニスサイズで女性は十分満足なのです。

むしろ大きすぎるペニスだと膣が十分に濡れていないと痛みを感じてしまったりすることもあるので、巨根嫌いの女性もいるほどです。
ペニスサイズにおける男女の認識の違いは、日本のAVの巨根至上主義が招いた弊害と言えるでしょう。

もし、あなたが平均的なペニスサイズでさらなるペニスの増大を検討しているなら、その前に亀頭のサイズアップを目指すべきです。

大半の男性は平均的なサイズのペニスをお持ちなので、亀頭だけ大きくすれば、見た目も女性の反応も見違えるように変化します。

ペニスの機能の大半は亀頭のサイズで決まる

ペニスサイズを更に増大させ、大きなペニスをぶら下げて銭湯や温泉を闊歩するのもいいですが、そのペニスがただサイズが大きいだけの先細りペニスだったら格好もつきません。

そのペニスが亀頭の大きいカリ高ペニスだったら男らしく機能的に見えます。
亀頭が大きいペニスは、ペニスサイズ以上に見た目が良くなります。

女性にとって最悪なのはペニスサイズが大きいくせに亀頭が小さい”先細りペニス”です。
なぜかと言うと、前述したようにペニスサイズが大き過ぎると挿入時に痛みを感じますし、先細りペニスだと奥まで突いた時も痛みを感じる場合があります。

見た目を良くする為に苦労してペニスのサイズアップをしたのに、一度抱いた女性が逃げていくペニスなんて悲劇ですよね。

大抵の女性は亀頭の大きいカリ高ペニスが好き

では、女性の悦ぶペニスとは、亀頭の大きいカリ高のペニスが好まれます。
ペニスサイズそのものは、平均的なサイズの方が自分の膣に対してフィット感があるし、挿入時の痛みもありません。

亀頭の大きいカリ高ペニスは膣に挿入した時、カリの出っ張りによって膣内壁をゴリゴリと刺激したり、Gスポットを刺激することができるので、快感レベルが通常のペニスとは全く違います。

ペニスサイズ以上に亀頭の大きいカリ高ペニスは女性を悦ばせる、本来のペニスの役割を果たしてくれる優秀なペニスと言えるのです。
したがって、大半の男性は亀頭だけ大きくしたいと考えるべきなのです。

生物学的にもカリ高ペニスは男性機能として優秀

ちなみに、ペニスがソーセージのように真っ直ぐな棒のような形をしておらず、松茸のような形をしている理由はご存知ですか?

ペニスとは子孫を残すための重要な生殖器官です。
その為、別の雄に後尾されたばかりの雌がいたとして、その後からカリ高ペニスを挿入することで、前の雄に中出しされた精子を書き出す役割があるのです。

ペニスの形とはいかに自分の子孫を残すための機能が進化した結果なんですね。
そう言う意味でもカリ高のペニスは生物学的にペニスの機能的に優れていると言えるのです。

亀頭増大に蔓延する嘘情報に騙されるな

「亀頭 増大」と検索エンジンで検索して表示されるサイトに書かれていることの9割は嘘情報です。間違いありません。
これは深刻なほど酷い状態で、事実確認(ファクトチェック)されているサイトがほとんど見当たらない壊滅的な状況です。

結論から言うと、亀頭だけ大きくする方法は次の2つしかありません。
1. ジェルク運動による亀頭増大
2. 亀頭増大手術

これ以外の増大方法がもし書かれていたら、そのサイトの情報は当てになりません。
最悪なのがペニス増大サプリを使って亀頭を増大させると言うものです。

これには正直、取り締まる法律が必要じゃないかと思うほど悪質な情報提供です。
最初はチントレによって亀頭増大を勧めながらも、最後まで記事を見てみると「ペニス増大サプリがやっぱり一番!」と言う結論で締めくくられているものが多く、きちんとした情報を提供しているサイトが外来魚によって駆逐された在来魚のように、偽情報に埋れてしまっているのが現状です。

サプリメントとは足りない栄養素を補う為に摂取する栄養補助食品です。
そんなサプリメントが副作用も何もなく、体の特定の部位だけを大きくするなんてことは絶対にあり得ないことです。

チントレによって亀頭増大を勧めるサイトにも、「PC筋トレーニングで亀頭を増大!」などと事実とは程遠い方法をそれらしく紹介しているサイトがあります。
PC筋トレーニングによって勃起力は高まっても亀頭は大きくなりませんので、騙されないようにしましょう。

亀頭増大手術は即効性があるもののコストが高く、効果も一過性

亀頭増大手術とは主にヒアルロン酸やコラーゲンを注入を指します。
亀頭増大は1ccで60000円と高額ですが、その日のうちに亀頭が増大するので即効性があります。

デメリットとしては注入したヒアルロン酸やコラーゲンが体内に吸収されてしまい、次第に元のサイズに戻っていってしまうことです。
とは言っても0%になることは少なく、最低でも注入量の25%程度は残ることがあります。

時間はかかるもののコスパに優れたペニス増大ローラー

おそらく亀頭増大の最も現実的な方法がペニス増大ローラーを使い方法ではないでしょうか。
ペニス増大ローラーはペニス増大ポンプやペニス牽引器具に比べると効果が現れるまでに時間がかかるものの、負荷が少ないためナチュラルな増大が実現できます。

ペニス増大ローラーの原理はチントレで言うところのジェルキングと同じです。
ペニスの根元から血液とペニス内の軟組織を亀頭に向かって押し上げることで、ペニスの太さ、長さ、亀頭を大きくする効果が期待できます。

ただし、ジェルキングだけで亀頭を大きくするとなると、途方もない手間と時間が必要になります。
そこでジェルキングの効果を最大限に高め、効率化するための器具がペニス増大ローラーです。

具体的な商品として例を挙げるならパワージェイジムです。

パワージェイジムのローラーの負荷やグリップの圧力を調整できて安全ですし、ペニスサイズによって増大器具を選ぶなどの煩わしさもありません。
世界中で販売され、実績十分のパワージェイジムがオススメです。

パワージェイムの詳細はこちら